バイクのタイプによってブレーキの操作装置の位置が違います

バイクのタイプによってブレーキの操作装置の位置が違います

バイクのタイプによってブレーキの操作装置の位置が違います バイクには主にギアチェンジの要らないスクータータイプと、ギアチェンジが必要なギア付きのオートバイがあります。この両者のバイクは見た目ではどちらのタイプにもハンドルにレバーが左右一本ずつ付いていますが、役割が多少異なります。バイクに乗った状態でハンドルの右側のレバーは、どちらのタイプも前輪ブレーキの操作レバーですが、左側のレバーはスクーターでは後輪ブレーキの操作レバー、ギア付きのバイクではクラッチの操作レバーとなります。ギア付きバイクにも後輪ブレーキがありますので、その操作は左足のステップ部分にあるペダルで行います。同じ二輪車でありまして、ブレーキの操作装置の位置が異なります。

ギア付きバイクには右足のステップ部分にもペダルがあり、それがギアを操作するペダルになります。ギア付きバイクの場合は減速時には場合により、両手両足を全て同時に、しかも別々の動きをさせる場合もあります。もっともこの動作は教習所で推奨するブレーキング方法ではありませんので、危険ですから公道では行わないように致しましょう。ブレーキングはバイクでもとても重要な操作ですが、自動車とはまた違った感覚があり、そこもバイクの魅力と言えます。

Copyright (C)2014バイクのタイプによってブレーキの操作装置の位置が違います.All rights reserved.